Hatena::Groupkaoru

薫クンの管理日記

2012-05-31新潮文庫『ぼくの大好きな青髭』

庄司 薫]

四部作の最後の作品がついに新潮文庫から発売されました。

今年は初春から初夏にかけて、

ワクワクしながら発売日を待ったっていうとちょっと大袈裟かもしれないけれど、

気持ち、そんな感じでありました。


季節的にも「赤」「白」「黒」と同時進行みたな感じで、

ま、「青」だけが季節的にはちょっと早めでしたが、

「青」自体の刊行が遅かったので、

「青」だけはいろんな意味でいつまでたっても異端児であります


ぼくの大好きな青髭 (新潮文庫)

ぼくの大好きな青髭 (新潮文庫)

若者として死ぬのか、大人になって生きるのか。

永遠テーマを描く、

不朽の青春小説

          帯より


「あわや半世紀のあとがき 4」が収録されており、

解説 評論家坪内祐三(ツボウチ ユウゾウ)さんです。


気がつけば、あわや半世紀ですからね、古いファンは年を取りました。


老いこんで昔の想い出を懐かしむにしちゃ、ちょっと早いんじゃないですか? いや、もうだめですよ。目はかすむし、腰は痛むし、ツイカンバンヘルニアっていうんです。なあに、ちょっと植木鉢をもちあげようとしたらガクッときましてね、もう一生コルセットが離せません。老後の楽しみがいろいろ減りました……。

        庄司 薫 著『さよなら快傑黒頭巾』より 

ってなことになりませんように、お気をつけください。


若い人たちには、

庄司薫氏の著作は四部作に狼にバクに猫にと、あら、なんだか動物ばかり…

さらには福田章二なんてのもあります

まだまだありますよ!

ちょっとネットでググればかなり情報が得られるようになりましたが、

自分の目で見て感じる、まずは読んでみることであります



ところで、「青」の冒頭部分の新宿紀伊國屋へ、

東京お上りさんの折には是非ともお伺いしたいと念じておりました数年前、

念願かなってG氏のライブ参戦で東京へ。

東京タワーから新宿さらには東京ドームへと移動。


折しもクリスマスイヴという日でありましたから、

というわけじゃないかもですが、、、

いつもあんなに多くの人がいるのかと新宿駅から紀伊國屋書店を目指しておりましたが、

とうてい行き着かない。

立ち止まって(これも流れに逆らうわけで大変でしたが)、

写真1枚を撮るのが精一杯。


果してその1枚の写真がちゃんと新宿紀伊國屋なのか?

昨夜、新しい新潮文庫の『ぼくの大好きな青髭』の最初の1行目を読んで、

ギャッとなって、思ったのでした。


確かに撮った写真看板紀伊國屋書店とはなってますが、

ってことでストリートビューなんて便利な機能もありますゆえ、

ネットでググってみてあらびっくり。

どうやら撮った写真の手前の建物の方らしい。

ってことは今まで勘違いしてたんだわ、ってことです。

(この写真は「バクの飼主になろう@Blog-2」のどこかにあると思われます^^;)


「あわや半世紀のあとがき 4」にもありますように、

エスカレーターも健在のようで、

東京タワーに変わってスカイツリーも出来たことだしで、

またいつかの日か自分の目で見たいという希望的観測を抱いたわけであります

2012-05-18

カバー装画[雑記

今年の春は「赤」から始まって、、、

四部作の残り「青」だけとなってしまいましたが、楽しめました。。

そんな中、カバー装画も楽しみのひとつでした。


今回の新潮文庫版の装画は長崎訓子ナガサキ クニコ)さんです。

チーズはどこへ消えた?』『金持ち父さん貧乏父さん』なども長崎さんの装画だそうです。


チーズはどこへ消えた?

チーズはどこへ消えた?


金持ち父さん貧乏父さん

金持ち父さん貧乏父さん



HPより http://platinum-s.com/

Twitterは @nagasakiku です。


四部作もすっかり長崎ワールドに染まっていってしまうことでしょう。


今月末の『ぼくの大好きな青髭』も楽しみに待ちたいと思います

2012-04-30

庄司 薫]新潮文庫さよなら快傑黒頭巾

庄司 薫著 「赤」「白」「黒」「青」四部作の内の第2作、『さよなら快傑黒頭巾』が新潮文庫より3番目に発売されました。

さよなら快傑黒頭巾 (新潮文庫)

さよなら快傑黒頭巾 (新潮文庫)

若者の夢と挫折――その戦いの予感。

読み継がれる

青春文学最高峰

                      帯より



季節は、まさに「黒」の舞台となった5月4日、「どっとくり出した行楽客」よろしくGW最中です。

カレンダーの具合で当時は4日が日曜日になって、3連休なんて幸運な年でした。

今じゃ、なんですか、9連休なんてところもあるとか。


本日ちょっと天気が悪いのが難ありでしょうか。

そこは晴耕雨読という手もあります


今回も「あわや半世紀のあとがき 3」が収録されています

解説 政治史学者・近代日本政治史 御厨貴(ミクリヤ タカシ)さんです。

2012-03-29

庄司 薫]新潮文庫白鳥の歌なんか聞こえない』

ここのところネットで予約が便利でハマりつつあります

手元で眺めつつ、「白」だけど「緑」です。

白鳥の歌なんか聞えない (新潮文庫)

白鳥の歌なんか聞えない (新潮文庫)

「恋」に戸惑う18歳の春……

永遠青春文学をもう一度。

「あわや半世紀のあとがき 2」収録

帯より


解説 漫画家エッセイスト 柴門ふみさんです。

2012-02-27

庄司 薫]「薫くん四部作」

今回の「赤」はネットで予約してました。

時代の波に乗ってみました。


そんなわけで、すでに手に入りました『赤頭巾ちゃん気をつけて』です。

「あわや半世紀のあとがき」が収録されておりまして、ええ、ささやかにです。

そして、解説者も変わっていました。


さらに帯には気になっていたその後の「白」「黒」「青」の四部作ですが、

3月末、4月末、5月末と連続刊行! とのことです。


発行順からいくと、「黒」「白」「青」の順なのだけど、きっと単純に季節というかカレンダーに沿ったのでしょうね。

3月5月7月という。


またしばらくワクワクが止まりません^^;

itatanitatan2012/02/28 22:16ネットが確実でしょうね。前回も書店で積まれているところが見たいとあちこち回りましたがなかなか見つかりませんでしたしね。
やっぱり今回も買ってしまうでしょうねぇ。(こんな作家薫氏だけです)
連続刊行も楽しみ!!